WATERPROOF

防水工事

原因不明の水漏れにも当社は徹底的に調査いたします。

水漏れは、確認できる漏水箇所が少量でも、実際は大量に浸水している場合もございます。
木材の腐敗や、金属部分の腐食は、強度を大幅に下げ、万一の災害時に大きな被害をもたらします。
漏水箇所が少しでも確認できる場合は、早急に診断をおすすめしております。
当社、診断見積もりを無料で行っておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

少しの雨漏りでも躯体の劣化に繋がります。
このような症状が出ていたら一度ご相談ください。

壁の漏水原因

塗装の剥がれ

塗装の剥がれ

塗装部分の浮きや剥がれによってその部分から漏水する

目地の劣化

目地の劣化

壁材の接続部分の劣化、ひび割れから漏水する

ひび割れ

壁のひび割れ

壁自体にひび割れが発生し、吹き降りが原因で漏水する

屋根の漏水原因

チョーキング

コンクリートのヒビ

ビルやマンションに多い、モルタル仕上げのヒビから漏水する

塗装の剥がれ

シートや屋根材の劣化

防水シートや屋根材の剥がれにより漏水する

目地の劣化

塗装の経年劣化

過去に防水塗装を行ったが経年劣化により漏水する

まずは無料診断をおすすめします。雨漏り診断の専門家が詳細に診断いたします。

CONSTRUCTION

防水工事について

防水工事

水漏れの原因は様々です。
​​​​​​​最適な施工で防水工事をいたします。

■ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜による防水工事です。
複雑な形状にも対応が可能です。

■シーリング防水

劣化箇所や対象の隙間にシーリング剤を打ち防水する工事です。

■シート防水

専用の防水シートの施工で防水する工事方法です。メンテンナンスや規模によっては工事費用が安価に済むのが特徴です。

FAQ

よくある質問

必ず防水が可能ですか?

診断を行い原因箇所を特定するため、大体の原因箇所の特定、改善は可能ですが、
漏水箇所が複数箇所ある場合や、躯体部分の劣化が進んでおり防水工事ができない場合もございます。その際はお伝えさせていただきます。

雨漏りはしていませんが防水工事を行うメリットはありますか?

目に見えた症状がないだけで、築年数の経過した建物には、小さなヒビ等発生している場合がございます。
10年以上経過した建物の場合、まずは一度調査をおすすめします。

雨漏りがしていますがすぐに直すことはできますか?

まず雨漏りの直接の原因調査させて頂き、原因箇所と施工内容のご提案をさせていただきます。
複数の理由により発生している場合もあり、まずは雨漏りが発生している状況を当社担当者に教えて頂き、一度、現場調査をさせて頂ければ幸いです。

保証はありますか?

防水工事では施工部位により使用する材料・工法・仕様が異なります。
担当営業がご契約前に説明させていただきます。